· 

No.0002 Paris モンマルトルでボタンを買う

何度もパリを訪れていると、だんだん「何をするか」がテーマになってきます。エッフェル塔もセーヌ川もシャンゼリゼも、観光としてならば1、2度行けばじゅうぶんですよね。ホテル代も食事もコストがかかるパリ滞在、自分の中でしっかりとテーマを作ってみるのが広くて色々なエリアがあるパリの楽しみ方かもしれません。

 

蚤の市めぐり

美味しいショコラティエめぐり

パリのバゲット食べ尽くし

ケバブとファラフェル食べ歩き

公園めぐり

手芸店めぐり

 

などなど、絵になるテーマが色々考えられます。

さて、今回はサクレ=クール寺院のふもと、モンマルトルの平地部分に混在する手芸店、ボタン専門店などで様々なボタンを買ってきましたよ。

■モンマルトルの手芸店エリア

 

メトロ2号線 Anvers 下車。

 

出口が色々あるので、サクレクール寺院方面の出口階段を上がりましょう。観光客がわんさかいる方へ行けば「参道」的なメインストリート(Rue de Steinkerque)に出ます。投げ売りか何かわからないような生地屋や安い服の店に地元のおばちゃんが群がり、さらに進むと「パリみやげ」のお店が軒を連ねます。

手芸店は、このRue de Steinkerqueの東側のいくつかの通りに分散しています。

カフェに入るまでもないけど、飲み物やサンドイッチ、お菓子が欲しければスーパーMonoprixのミニ版、Monop’ Dailyがありますのでそこで調達するのがオススメです。

■このあたりの治安について

駅からすでに、観光客に混ざり何かわからない人がたくさんいます。道路も決してキレイとは言えず、ゴミなども散乱気味。お土産屋さんは大抵モロッコやアルジェリア、トルコ系の男性が経営しているので中近東のバザール的な雰囲気を感じます。

 

人が多い場所はどこにいても気をつけることは同じ。ぼんやり歩かないこと、バッグを迂闊に持たないこと。でも外国人観光客の方が迂闊に歩いている例は多いように思いますが、ガタイも態度も大きかったりするので小柄でカワイイ日本人女性はここに限らず気をつけましょう。Anversの駅付近には安いホテルも多く、手芸店や雑貨店をじっくり見て回りたい人には滞在もおすすめです。パッと見の乱雑さはありますが、観光客も多いエリアなので日中普通に歩く・買い物する分には女性一人でも問題ありません。

 

私はこの時、モンマルトルの丘を上がったエリアのアパルトマンに滞在しました。サクレ=クールがすぐ横に、といった場所でしたが映画のイメージのパリそのものの光景を朝に晩に、見ることができましたよ。

いいんだか悪いんだか安いのかぼったくりなのかどう使うのか、珍しいもの変わったものが満載のモンマルトル手芸タウン

■ボタンを探す

いくつかの大きな手芸店にはボタンをはじめ布地などがずらりと揃っています。時間がいくらあっても足りないので好きな方はここで丸一日時間を取っても良いと思います。そして、特に個人経営のような小さなお店は、見せてもらうときはきちんと挨拶しましょう。何も言わずいきなりベタベタ触り出す人より、「こんにちは」「XXはありますか?」などコミュニケーションを取る方が良いに決まっています。

 

ボンジュール(こんにちは)

オンプートゥシェ?(触ってもいいですか)

 

この2つのフレーズだけでも言ってみるととても親切にしてもらえますよ。

 

*駅近エリアでの代表的な手芸店*

(今やgoogle Mapで出てきますので詳細は割愛!)

 

TISSU Reine

Marché Saint-Pierre

Les coupons de Saint-Pierre

Moline Mercerie

 

 

そして、この手芸店エリアから少し離れた場所に、ボタン専門店があります。

徒歩で坂を登っていく必要があるのですが、こちらは必見。

時間がないときは、他を色々回るよりここに行ってしまうのもオススメです。
(このお店の外観を撮影したのですが、写真がまだ見つからないので見つけ次第アップします)

 

Dam Boutons

46,rue d'orsel 75018 Paris

 

websiteはこちら

■ヴィンテージのボタンいろいろ

もう既に、私の店舗でたくさん売れてしまいましたがフランスのヴィンテージやデッドストックのボタンを仕入れました。正直、安いものではないので資金は必要です。でもボタンは大切に扱えば何十年ももちます。私の店では素敵なボタンをイヤリングやピアスにしてほしいというオーダーもいただきます。それら、お客様の様々なアイディアもとても面白くてアクセサリーのパーツとはまた異なった魅力があります。ぜひパリでお気に入りのボタンを探してみてください。

 

下記の写真の商品の一部はメルカリにも出品しています(setagaya zakkaで検索すると当店の商品が出てきます)

■ヴィンテージボタンのアクセサリー

ピアスやイヤリング、ブレスレットなどに転用しても可愛いパリのボタンたち。

ボタンのアクセサリーは本サイトの「WEB SHOP」にて販売中です

(訪問日:2014年12月)


text&photo : maki

フランス留学、雑誌・旅行・航空会社を経て企画制作会社設立。2013年より東京・三軒茶屋にて雑貨&デザインアトリエをオープン。